2015年04月15日

偽痛風

 前回の続きです。今回は詳しい説明と壮大な愚痴の回です(開き直り)。

 「やっぱりギツウフウやね。」

 ギツウフウ=偽痛風
 痛風と言うだけあって発作・症状が痛風にそっくり。詳しく言うと・・・
ピロリン酸カルシウムの沈着を原因とした関節炎を来す疾患であり、痛風と同じような症状を来たしながら高尿酸血症が見られないことから名付けられた。

・・・えっと、簡単に言うとだね、関節部分にカルシウムがくっついちゃって、それが化学反応起こして炎症発生。激痛起こしうめき声発声。
 所謂「贅沢病」との異名をとる痛風の場合、食生活から尿酸値ってやつが高くなって、こいつが体に悪さするんだけども、この偽痛風ってのは医者先生曰く「誰でも成り得る」だそうだ。
 前回ラストでも書きましたが、てっきり亜脱臼だと思い込んでいた私は、患部も診ずに即答したこの医者を最初は訝しんだんだけども、レントゲン撮ったら間接部分にきっちり異物が写ってやんの。
 なんでも尿酸結晶はレントゲンに写らないけど、カルシウムははっきり写るらしく、私の肩関節のレントゲン写真にこれが写り込んでいる以上、偽痛風であることは自明の理らしい。おまけに間接は一切外れても浮いてもいなかった。
 やっぱり専門医ってのはすごいね。
 で、この偽痛風の治療なんだけども、放っておいたら2〜3日で炎症も治まり元に戻るらしい。っていうか、逆に言えば特にどうこうできないらしい。そりゃあ直接原因であるカルシウムを除去すれば炎症もおさまるんだろうけど、2〜3日で治るものを手術等で取り出すってのも割に合わんわな。
 ただ、痛風よりかマシとは言え、激痛が継続的に体を蝕み続けるらしく、当然そんなもの耐え続けれるような強靭な精神力は持ってないし、仕事だって行かなきゃならない。
 ってなわけで、痛み止め、しかも一番強い座薬を処方していただきました。
 これで一安心・・・と、思いきや。
 痛み止めは所詮痛み止め。痛みを一時的に抑えるだけであって、根本原因を治療するわけではないわけであって、さらに効果時間と連続服用可能時間というものが存在する。
 私の処方してもらった痛み止め「ボルタレン」は、体に入れてから大体30〜40分で効果があらわれ始め、効果時間はおよそ6〜8時間。これが過ぎれば徐々に痛みが復活してくるんだけど、このボルタレン、体に入れてから次を体に入れるには、約12時間あけないとだめらしい。
 ここで簡単な算数の問題。
 12時間−8時間は何時間?
 もうお分かりですね?最大に効果があったとしても4時間は痛みを我慢しなければならないということです。
 この4時間が、どんなに長く感じたことか!
 気ぃ狂いそうになりながら、いや、決して大げさじゃないですよ。大の大人が「イタイイタイ」と声に出して呻くことしかできなかった。
 結局何回かは耐え切れなくなって、12時間の間隔を無視して痛み止め使っちゃいましたけどね。
 しかも、痛み止めでおさえられる痛みというのは、慢性的に継続して襲ってくる疼き痛みだけであり、肩腕を動かしたら走る痛みはなんら変わらないんですよね。だから動かせるのは肘から下だけ。偽痛風になったのが左だったのがせめてもの救いですね。流石に右だったら仕事もできんかったわ。

 痛みがキツイ時は1日2回のところ、3回は痛み止めを使いつつ。
 炎症が治まる発症から2〜3日後なんてものが2〜3日前に過ぎてしまったころ、ようやく段々と痛みがマシになってきました。腕を動かせる範囲も少しずつ少しずつ増えてきました。
 なんだかんだで2週間経過して、完治はしていないものの、肩の稼動域も大分と元に戻りつつあります。
 まだある程度以上動かしたら「痛っ!」ってなりますが(汗)

 っつーか、開始早々、何のブログかさっぱりわからなくなってる。
 まぁ、プレ3日前記事で書いていたとおり、縛りなく好きなように書いていくってのにはなってるから、よしとしましょうか。何も出さないよりはマシだということで。

 前回、「次回は新しいデザインをアップ!」とか言ってましたが、あくまでこの偽痛風の話の次ってことであって・・・すんません、この次ということでよろしくお願いいたします。
 それでは、また〜(^_^)ノシ
posted by ハコ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック