2015年12月16日

出遅れ感半端ねぇ〜Apple pencil到着

p008.JPG
Twitter見ていただいている方は既にあれですが。去る12月12日、ついにお待ちかねのApple pencilが我が家に届きました!
しかし、間の悪い事にその日は仕事後飲み会でべろんべろんに酔ってしまい、開封そのものを断念。リンゴペンとのお目見えは翌日13日に持ち越すことになりました。
試し描きやら描き味についてはまた次の機会ということで、とりあえず中身の紹介を。
といっても、もうすでにいろんな所であげられていることですので、まぁ簡単にね。
p009.JPG
箱明けて入っていたのは何カ国語かで書かれた簡単な説明書と、リンゴペンの交換用ペン先と充電用アダプタ。
スタイラスのペン先は消耗品だから、とりあえず1つでも取り替え用がつけてくれているというのは嬉しいですね。
既にいろんなところで紹介されていますが、リンゴペンのお尻のフタを外すとLightningケーブルのオスが現れて、これをiPad Proのケーブル差し込み口にぶっさせばペンが充電されるというシロモノ。
充電用アダプタというのは、両端がLightning端子のメス、つまり差し込み口になっていて、これをリンゴペンの端子にハメれば、通常のオス端子のついた充電器のケーブルで充電できるというものなのですよ!
なんか回りくどい様な気もしますが、リンゴペンの通常の充電方法をiPadに接続する事で行うという方法をとったのはすなわち「本体以外の機器の充電の為に、わざわざ本体用以外の充電用機材を容易する必要がない」という意味では、すっげえ無駄を省いたスマートな方法と言える気がする。
実際のとこは、これから使って行かないとわからんですけどね。
ただ、アダプタはどうも無くしそう。
せめてどっかくっつけたり出来るように、マグネットとか仕込んで欲しかったなぁ。
p010.JPG
リンゴペンそのものは、流石アップルさん、シンプルながらも洗練されたデザインで、しかもしっかりした作り。
握りとしても「鉛筆感」の高い、おそらくは誰が持っても「握りやすい」ちょうどいい細さ。
個人的な握りやすさに特化させるのであれば、どっかのサイトでも紹介してましたが、鉛筆とかにつけるグリップキャップ的なものをつければよいのかな。
重心は若干お尻よりな為か、ペン自体は軽く感じるね。
p011.JPG
お尻のキャップを外せば、Lightningオス端子が姿を現す。
このキャップはマグネット仕込んでるので、気がついたら取れて無くなってましたーっていうのは、とりあえず無さそうで一安心。
っていうかアップルさん、端子差し込み口やらアダプタやら、端子関係は全てマグネット仕込んどいてくれませんかね。
ちょっとした配慮が嬉しかったのは、キャップの中身が、端子がさくっとハマるような形状になってること。空間があればどうしてもズレちゃうことがあるし、そうなれば如何にマグネットで吸着してるとは言え、外れて無くなってしまう原因になるからねぇ。

そんなわけで、リンゴペン触った感想としては、非常に満足ですね。
さあさあ、次は実際の描画ツールとしての実力ですね。
なんか描こーっと。
posted by ハコ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

iPad Proで試し描き

rakugaki003.PNG

っつーわけで、とりあえずラクガキ程度のものですが、描いてみました。
描いているキャラクターは、私が昔描いていた「ネコプニプニ クロ」というもの。知ってたりする人も初見の人も、とりあえずココはスルーしておきましょう(๑>◡<๑)
iPad Proと言えば、やっぱり件の専用ペン「Apple pencil」なんでしょうけど、残念ながらこれがまた家に届いてない。しょうがないので、先代iPadで使用していたJot Proを使って、大画面でのラクガキを味わってみました。
お絵描き用のアプリは「Procreate」。なんかこいつに描画行程を動画として書き出す機能がついてたので、ちーっと恥ずかしいですが、試しに動画書き出しして、生まれて初めてYouTubeにあげてみました。お目汚しとは思いますが、冷やかしがてら見ていただければ。



iPad Proの描き味の感想ですが、やっぱりデカイ画面に直接描くってーのは、気持ちがいいですね。
画面の綺麗さと相まって、すごく描きやすい。
ただ、Apple pencilを使わずの現状では「紙に描いてるような」という感覚は流石にないですね。あくまでもタブレットとして描きやすいというレベル。
ちょっと気になったのは、描き始めの線が途中で反応せずに、一瞬途切れて線が飛んでしまうことがあった。
画面に保護シートは、ガラスじゃない奴を貼ってますが、シート無しでは使用したことがないので、シートの有無が影響するのかどうかはちょっと不明。
でも描き始めのトコでしか起こらない現象なので、おそらくは線のイリの描画スピードが速いために発生するのかなーと思う。現に心持ちゆっくり描けば問題無く描けたわ。

さてさて、なにはともあれApple pencilの到着が待ち遠しいところ。届けば、またなんか描いてレポートするんで、よろしくですー٩(๑'ꇴ'๑)۶
posted by ハコ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

その後のiPad Pro

p003.JPG
購入即店で画面保護シートは貼って貰ったものの、ほぼ裸ん坊の我が家のプロ。
相手を傷つけることを恐れながらのギクシャクした関係もこれで安心!
購入後にAmazonでぽちっとしたカバーがちょっと前にようやく届きました。
選んだのは最早iPadシリーズにはお馴染みになった風呂桶フタタイプ。やっぱりフタの開け閉め=画面ON←→OFFというのはとても便利。
ほんとはお店でProちゃんと一緒に買ってしまおうかと思ったんですが、画面保護タイプは軒並み7000円という買った人間の足元を見た素晴らしい価格だったため断念。Proちゃんにはしばらく裸で耐えていただく期間があることをあきらめ、ちょっと待ってでもAmazonで2000円ほどのカバーを購入したのでした。
ちなみに裏面はこんな感じで
p004.JPG
半透明ぼでーはアップルマークがちゃーんと見える仕様。
お絵描き作業時は
p005.JPG
こんな感じ。
視聴メインの時は
p006.JPG
こんな感じー。
純正のフタキーボードや、ロジクールキーボード付きカバーも考えたんですが……この後に及んで2万はしんどいです(-_-;
ってなわけで、しばらくはこんな感じの装いでProちゃんと遊んでいこうかな。

本格的に遊ぶのは、鳴り物入りの専用ペンが届いてからですが……まだまだ先の話のようです。



蛇足。
どこでもやってるでしょうけど、大きさ比較あげときます。
p002.JPG
写真上部は第3世代iPad、で下部はiPhone6plusとの比較です。
いやー、でっけぇかな、でっけぇかな。
タグ:iPad Pro
posted by ハコ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

iPad Pro 買っちゃった! お馴染みのカイフウノギ

Twitterの方を見ていただいている方はご存じだと思いますが。
「専用ペンの在庫が無くて、ただのデカいiPadじゃん!」でお馴染みのiPad Proを一念発起して買っちゃいました!
プロでも無いのに高い金払ってiPad Pro買うって!と自虐的に言ってみたりしながら、お馴染みの開封の儀としゃれ込んでみましょうかねぇ。
p001.JPG
そうです、これがお父さん光プリッツです!
パッケージこそ特殊仕様ですが、中身は普通のプリッツ。うん、安定の美味しさ!

って、ちょっと待て。

いや、まぁ、そのなんだ。
既に最初の発売日から何日も経っちゃってるわけじゃない?
iPad Proの開封の儀なんて、そこら中に溢れかえってるじゃない?
今回ソフトバンクでProのセルラーモデルを購入したんですが、その手続がちょっとばっかし手間取ったみたいで、その結果なのかどうなのかはわかりませんが、このお父さん光プリッツをサービスしてくれたのです。
お父さん記念品シリーズを正規ルートで手に入れるには、その時期その時期にソフトバンクで契約する必要があり、その中身については皆謎につつまれている。
その「謎」を手にする機会を得た我々は、そのベールに包まれた「謎」の開封の儀を執り行うことに相成ったわけである!

iPad Proのことについては、また次回。
posted by ハコ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

休止期間についてのコト

余儀なくされておりました。予告もなく、突然の事で申し訳ない。
まぁ、まだここを見て入ればの話ですが。
ひとまず復帰。復帰も何も、まだほとんど何にもしてなかったんですけどね(^_^;

実は、私の実父が病で死にかけてまして。
っつーか、死ぬ予定でした。
夏ころから入院し、気がついたら退院もさせられない状態に。
病院の方針も「如何に患者の苦しみをとるか」という方向にシフト。
兄弟の中の末っ子でありながら、唯一近くの地域にいるというだけで、せっせとかり出される私。
お見舞い、たまたま重なった実家の修繕関係の処理、そして秒読みへと入った余命に対しての対応。
すんません。正直、ブログとか、Tシャツとか、行ってる場合じゃありませんでした。

しかし、夏の終わりにさしかかり。

なんというか、色々予定が狂って、あれよあれよというウチに、全てが考えられる限り最良と行ってもいい方向にコトが進んでいき、挙げ句に退院。
いや、良かったんですけどね。
無論ぴんぴんしているわけでもないし、本来の原因が根絶したわけではないので、いつまた死神に呼ばれる順番がまわってくるかわからない状態ではあるのだけれども、とりあえずは療治。
そんなわけで、こっちに手が回るくらいには復帰です。

改めまして、宜しくお願いします。
posted by ハコ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする